深田久弥について
深田 久弥(ふかた きゅうや)
 1903年、石川県江沼郡大聖寺町(いまの加賀市内)に生まれた。
1971年、山梨県の茅ケ岳山頂近くの尾根で、脳卒中のため急逝。
68年の生涯だった。本光寺にある墓の裏面に、「読み、歩き、書いた」
と刻まれている通り、歩きに歩いた人生だった。
スタンダールの墓碑銘「生き、書き、愛した」にちなんでいるのは、
久弥が生涯スタンダールを敬慕していたからだ。
世俗を嫌悪し精神の高さを求めて生きるという心を共有した。

 久弥の「山」は、内なる精神を世俗から解き放つ場であった。
精神の開放の場として山々を歩いた。
戦前、鎌倉文士時代に小林秀雄を誘って雪山に入っていたのも、その一端だ。
戦後は小説よりも山の文章を多く書いた。
読売文学賞を受けた『日本百名山』をはじめとする山の文学は
日本文学史に独自の地歩を築いている。なかでも故郷の山、
白山を描いている幾多の文章は山の文学の白眉である。
山の文化館館長 高田宏

略歴
年次 年齢 足跡
1903年(明36) 3月11日、石川県江沼郡大聖寺町字中町(現加賀市大聖寺中町)に父弥一、母トメの長男として生まれる。
1909年(明42) 大聖寺町立錦城尋常小学校に入学。卒業後、同校高等科に入る。
1914年(大3) 11 少年雑誌の懸賞作文に応募し、入賞する。
1916年(大5) 13 福井県立福井中学校(現藤島高校)に入学。
大聖寺学生会・体育部徒歩部に所属する。
1918年(大7) 15 大聖寺学生会リーダーの稲坂謙三と初めて白山に登る。
1922年(大11) 19 第一高等学校入学。
1925年(大14) 22 中野重治らの同人誌『裸像』に参加。
第九次『新思潮』同人に加わる。
1926年(大15) 23 一高を卒業し、東京帝国大学文学部哲学科に入学。
1927年(昭2) 24 在学中ながら改造社編集部員募集に応じ、採用される。
1933年(昭8) 30 「文学界」同人となる。
1935年(昭10) 32 日本山岳会に入会。
1940年(昭15) 37 北畠八穂と入籍。
1943年(昭18) 40 母校の錦城小学校校歌を作詞する。
1944年(昭19) 41 応召。金沢で入隊し、青島から南京へ輸送された。
1945年(昭20) 42 戦地にて終戦を迎え、俘虜となる。
1946年(昭21) 43 復員。浦賀に上陸。
1947年(昭22) 44 志げ子との婚姻届を出す(直前に北畠八穂と離婚)。
志げ子、出産準備のため、郷里の大聖寺に移る。
1948年(昭23) 45 大聖寺句会が「はつしほ会」として発足。宗匠として迎えられる。
『文学界』の編集に参加。
1949年(昭24) 46 錦城山岳会を結成、理事となる。
1958年(昭33) 55 ジュガール・ヒマール、ランタン・ヒマール踏査隊隊長として、約4ヶ月の遠征に出る。
1959年(昭34) 56 「日本百名山」の連載を始める。
1960年(昭35) 57 本小屋”九山山房”が建つ。
1965年(昭40) 62 『日本百名山』が第16回読売文学賞を受賞。
1966年(昭41) 63 シルクロード踏査隊隊長として、約4ヶ月の旅行をする。
1968年(昭43) 65 日本山岳会副会長に就任する。
1969年(昭44) 66 山渓賞(山と渓谷社)受賞。
シルクロード旅行に講師として同行。
1970年(昭45) 67 ソ連一周とシルクロードの旅に講師として同行。
1971年(昭46) 68 3月21日、茅ヶ岳にて脳卒中のため急逝。
1975年(昭50) 加賀市名誉市民に選ばれる。



もくじページにもどる